米肌の成分解析と厚生労働省から認可されたライスパワーのすごさ!

米肌の2年間愛用中の麻衣です。

化粧水を選ぶときに成分を気にしますか?例えば、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、エラスチンなどなど色々知られている成分を見ると安心感があったりしますよね。

そんな中で米肌にはライスパワー№11という超貴重な成分が配合されているんです。

あまり耳にしたことがない成分かもしれませんが、この成分は厚生労働省からも認可されたすごい成分なんです。

米肌の成分『ライスパワーNo11』とは

ライスパワーNo.11はお米から作られた貴重成分

ライスパワーNo.11はお米から抽出した成分です。

昔からお米は美容効果があると言われていて、コーセーさんはお米の成分でスキンケアを作れるのではないかと考え、米肌が誕生しました。

お米は日本人の主食で、たんぱく質、ビタミン、カルシウム、ミネラルなど栄養素が豊富に入っていますよね。

ライスパワーNo11は、お米を90日間の発行、熟成してようやくできる貴重な成分なのです。

ライスパワーNo11は水分保持能の改善効果がある

簡単に言うと、ライスパワー№11は水分(うるおい)を保持してくれるセラミドを生み出す力を持っています

角層に水分を保持する力を水分保持能というのですが、ライスパワー№11は水分保持能を改善できると厚生労働省に認められた唯一の有効成分なのです。

他のスキンケア商品にはセミラドは配合されていますが、セミラドを生み出す力は持っていないということですね(^^♪

肌のうるおいを保持するセラミドは年を重ねることでどんどん減ってしまうのですが、ライスパワーNo.11で水分保持能を改善できるので、いつでも若々しいお肌を保ってくれます。

米肌の成分:ライスパワーNo11の他には?

米肌 成分

米肌の化粧水にはただライスパワーNo11という成分だけに頼っているわけではなく、他にも、色々な成分が配合されています。

米肌化粧水の全成分と安全性

水・BG・エタノール・グリセリン・ジグリセリン・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・ビフィズス菌発酵エキス・EDTA-2Na・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・オクチルドデカノール・キサンタンガム・クエン酸・チオ硫酸Na・リン酸2Na・加水分解水添デンプン・乳酸Na・メチルパラベン

化粧水の基礎、ベースとなる成分です。蒸発しやすくなっている、洗顔後のお肌に水分を補います。ご存じの通り、安全性はもちろん高いといえます。

BG

BGは天然成分ではないのに関わらず、肌に低刺激で、保湿と抗菌の効果があります。

後ほどご説明するグリセリンと同じ働きをすると言われていますが、グリセリンよりもべたつきが少なく、さらさらとしています。低刺激と言うことで、安全性は高いです。

エタノール

化粧品の成分の腐敗を食い止めるために、エタノールは含まれています。エタノールは化粧水を肌に浸透させやすくします。

ただ、エタノールは人によって肌に合う、合わないが分かれるので、肌の弱い人は注意が必要です。

グリセリン

グリセリンはアルコールの一種で、とろりとした液体です。肌を柔らかくしてしっとりとさせる効果があります。

こちらは甘味料にも使われていると言うことなので、口に入れても大丈夫なもの、つまり安全だといえます。

ジグリセリン

シルクのプロテインから発見された、非必須アミノ酸の一種です。肌の水分を維持する天然保湿成分に最も多く含まれる成分です。

美肌を保ち、美白の効果もあります。皮膚刺激性はほとんどなく、皮膚感作性(アレルギー性)もほとんど確認されないので、安全な成分といえます。

グリコシルトレハロース

グリコシルトレハレースは、保湿効果に優れ、肌をバリアする効果のある成分です。

代謝促進や日焼け防止、肌荒れ予防にも効果が期待できます。安全性は高く、副作用はほとんどありません。

コメエキス

コメエキスは、肌の角質層まで浸透し、潤いを守ります。また、肌表面から水の蒸発を防ぐという役割があります。

お肌にハリとツヤを生み出します。安全性は高いです。

大豆発酵エキス

大豆から抽出された大豆発酵エキスは、保湿性に優れていて、しわが多くたるんだ肌に弾力を与える貴重な成分です。肌への刺激性が低いので、安全性は高いといえます。

ビフィズス菌発酵エキス

加齢によるシミやしわなどの肌の衰えを改善させ、肌に弾力を与える美肌効果が期待できます。

主成分がアミノ酸やタンパク質、乳液なので肌への刺激性、毒性はなく、アレルギーや副作用の報告もありません。安全性の高い成分といえます。

EDTA-2Na

製品を軟水化させる効果があります。また酸化防止、防腐剤として使われたりもします。

金属アレルギーを持っている方は、アレルギー反応を起こしにくくする効果があります。そのため、安全性は人体に影響がないとされています。

イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油

植物性の界面活性剤です。成分の水に溶ける働き、溶解性をサポートします。この成分は肌への刺激も少なく、安全性も高いです。

オクチルドデカノール

高級アルコール、と言う分類の油分です。皮膚への感触もよく、よくのび、皮膚刺激も少ない、安全性の高い成分といえます。

キサンタンガム

キサンタンガムは、肌表面で保護膜を作る効果があるため、とても高い保湿効果が期待できます。化粧水の液体の粘度をあげ、肌のしっとり感を向上させることができます。

化粧水の使用感を調整する役割もあります。安全とわかっていない遺伝子組み換えのトウモロコシから取ったデンプンをえさにして、細菌を培養している可能性もあるため、人体への影響もないとは言い切れません。よって安全性が高いとはいえません。

クエン酸

クエン酸は、ピチピチの美肌を作る上で、肌荒れやシワ、くすみ、ニキビなど、あらゆる肌のトラブルに効果を発揮する優れた成分です。

ミネラルの吸収を助ける役割もあるため、内側からの美肌づくりが期待できます。毒性、刺激性、アレルギー反応の報告はなく、安全性の高い成分です。

チオ硫酸Na

毛穴ケア、皮膚柔軟化、角質溶解などの効果があります。角質を柔らかくすることにより、皮膚表面の余計な角質を落とし、肌をなめらかにする役割があります。

まれにアレルギー反応を起こしたり、刺激を感じたりする場合があるので、注意が必要です。しかし、通常の成分量では問題としない人が多いようです。

リン酸2Na

コラーゲン産生促進作用があります。

皮膚感作性(アレルギー性)が認められており、アレルギーが起きない場合は問題ない成分といえます。

加水分解水添デンプン

加水分解水添デンプンは、保水性にすぐれています。

現時点での安全性は、皮膚刺激性や毒性および眼刺激性はほとんどなく、重大なアレルギー(皮膚感作)の報告もないため、安全性の高い成分であると考えられます。

乳酸Na

無色透明な粘性の保湿剤です。グリセリンと性質が似ていることから、代用として使われることもあります。

乳酸ナトリウムは、もともと皮膚の角質細胞に含まれている天然保湿因子の成分のひとつなので、他の保湿剤よりも皮膚になじみやすく、皮膚の水分保持を促す働きが優れています

不足した皮膚のうるおいがよみがえり、その結果、皮膚がしなやかになります。

乳酸Naの安全性は、もともと生体内に存在する成分で、皮膚刺激性や毒性および眼刺激性はほとんどなく、重大なアレルギーの報告もないため、安全性の高い成分であるといえます。

メチルパラペン

パラペン類に属する防腐剤の一種です。まれにアレルギーを起こす可能性があるため、配合量に1%という上限が設けられています。

肌潤クリームの全成分と安全性

肌潤化粧水にも配合されている成分

水、BG、グリセリン、グリコシルトレハロース、コメエキス、ダイズ発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキス、EDTA-2Na、エタノール、キサンタンガム、クエン酸、チオ硫酸Na、リン酸2Na、加水分解水添デンプン、乳酸Na、メチルパラベン

肌潤化粧水には配合されていない成分

メドウフォーム油、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、セテアリルアルコール、トコフェロール、ジメチコン、ステアロイルメチルタウリンNa、ベヘニルアルコール、水添レシチン、フェノキシエタノール

メドウフォーム油

メドウフォームという北アメリカの牧草地に自生している植物が原料で、皮膚に水分を維持するための薄い膜を作り出す効果があります。肌の乾燥を防ぎ、しっとりした柔らかい肌を作ることができるため、保湿剤やヘアケア製品などに多く含まれています。紫外線防止効果があることでも知られている成分です。

安全性について:皮膚への刺激はほとんどなく、アレルギー報告もないため、安全性の高い成分であることが考えられます。

スクワラン

「スクワレン」という成分に水素を添加して安定化させた成分で、潤滑性に優れており、クリームや保湿剤、軟膏などの成分として使用されています。皮膚表面からの水分の蒸散を防ぎ、乾燥や紫外線から肌を守る働きがあり、角質を柔らかくするエモリエント作用もあるため、毛穴の目立たない美肌に導くほか、ニキビや湿疹を予防する効果もあります。
安全性について:皮膚への刺激、負担やアレルギー反応が見られていないため安全な成分として知られています。

トリエチルヘキサノイン

2-エチルヘキサン酸とグリセリンのトリグリセリドで天然に存在する液状の油脂と同じ構造を持った低粘性の液状オイルです。酸化安定性に優れていてベタつきがなく肌へよくなじみます。また、水分の蒸発を防ぎながらお肌を保湿してくれる効果があります。使用したお肌への蓋をしてくれる役割もあるので、外的刺激からお肌を守る特徴もあり、多くの化粧品に使用されています。

安全性について:皮膚への刺激やアレルギー反応はないため安全性の高い成分として多くの化粧品に使われています。

セテアリルアルコール

セトステアリルアルコールとも呼ばれる、高級脂肪酸の界面活性剤です。ロウのような性質が特徴的で、高級アルコールとして親しまれている成分です。化粧水などのテクスチャーの伸びを良くしたり、クリームや乳液などの乳化を安定化させる働きがあるため、化粧品のベールをつくる乳化安定剤として用いられています。

安全性について: 通常の使用に問題はないと言える成分ですが敏感肌といった皮膚の弱い方や、特別なアレルギーがある方などが使用する際には注意が必要です。

トコフェロール

脂溶性の抗酸化成分として、多くの化粧品に使用されています。抗酸化作用があり、肌に悪影響を及ぼす活性酸素を防いでくれます。また、血行促進や肌荒れ改善効果により、くすみ、くまなどを改善する効果があります。

安全性について: 皮膚への刺激、負担やアレルギー反応が見られていないため安全な成分として知られています。

ジメチコン

シリコーン油で、オイルに溶けにくい性質をもった無臭・無色透明の液体です。ベタつき感が少なく、薄く均一の皮膜を形成し、なめらかな感触を肌や髪に与えることができる効果を持っています。このことから、軽いテクスチャを与えるために配合される場合が多いです。

安全性について: 皮膚への刺激、負担やアレルギー反応が見られていないため安全な成分として知られており、化粧品だけでなく幅広い分野で使用されています。

ステアロイルメチルタウリンNa

硫黄成分を含む含硫アミノ酸の一種で、魚貝類に多く含まれる成分です。循環系や肝機能の改善に作用し、生活習慣病予防にも効果があります。保湿作用があるので肌が滑らかになるので化粧品に多く使用されています。

安全性について: 皮膚への刺激、負担やアレルギー反応が見られていないため安全な成分として知られています。

ベヘニルアルコール

植物油脂のナタネ油から抽出される脂肪族のアルコール成分です。肌に低刺激で優しいだけではなく、お肌を柔らかくしてくれるようなエモリエント効果があり、肌を保湿する効果も持っているので、デリケートな皮膚に対しても使用することが出来ます。

安全性について: とても安全性の高い成分のため、毒性はなく、目立った副作用やトラブルなども報告されていないので、安心して使うことができます。

水添レシチン

乾燥による肌荒れを防ぎ、柔軟な肌に整える目的でクリーム、乳液および美容液などの保湿化粧品に使用されています。水添レシチンは、細胞間脂質の間にまで入っていくことが可能なのでほかの成分よりも高い浸透性を誇っており皮膚によくなじむ成分として知られています。

安全性について: 皮膚への刺激はほとんどなく、アレルギー報告もないため、安全性の高い成分として多くの化粧品で使用されています。

フェノキシエタノール

グリコールエーテルというアルコールの一種で、化粧品の防腐剤として使用されます。また、香水の香りを保つための保留剤としても使われます。無色または淡黄色の液体で、わずかな粘性と匂いがあり、抗菌力を持っています。

安全性について: 肌質によっては肌荒れを起こすこともまれにありますが、化粧品に配合される濃度では、刺激などの問題が起こるリスクは低いといわれているので、安全性の高い成分として使用されています。

肌潤改善エッセンス(薬用保湿美容液)の全成分と安全性

肌潤化粧水にも配合されている成分
⇒ライスパワーNo11、、エタノール、ビフィズス菌エキス、グリコシルトレハロース、クエン酸、チオ硫酸ナトリウム、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、乳酸ナトリウム液、メチルバラベン

肌潤化粧水には配合されていない成分
⇒精製水、1.3-ブチレングリコール、濃グリセリン、セトステアリルアルコールdl-a-トコフェロールオレンジ油、水添デンプン分解物混合溶液、納豆エキス、アクリル酸ナトリウム、アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80、エデト酸二ナトリウム、バチルアルコール、ベヘニルアルコール、ポリオキシエチレンコレステリルエーテル、メチルポリシロキサン、リン酸-水素ナトリウム、水素添加大豆リゾリン脂質無水エタノール流動バラフィンフェノキシエタノール

この中でも安全性が低いと思われる成分をピックアップして解説していきます。(太文字の成分を解説)

最初にお伝えしておきますが、米肌には皮膚トラブルが起こしやすい成分は配合されておりません。


引用元:米肌公式ホームページ

また、アレルギーテスト済みなので、100%アレルギーが起きないということではないのですが、起こる可能性が低いと言えます。

セトステアリルアルコール

高級脂肪酸の界面活性剤です。

安全性:〇ごく稀に皮膚炎などのアレルギー反応を起こす人がいますが、アレルギーテスト済みなので起こす可能性は低いです。

dl-a-トコフェロール

酸化防止剤として使われる成分です。

安全性:〇原料も大豆由来が多いことから遺伝子組み換えの心配があります。他の化粧水にも配合されていることが多い成分ですが、特に問題となったことはなく、少量の配合なので問題はないでしょう。

オレンジ油

オレンジを原料にしたエッセンシャルオイルのことです。

安全性:〇オレンジの皮から直接搾り取ったオレンジオイルは、強力な作用をもつので、アレルギーを持っている場合や肌の弱い人には腫れや湿疹が出る可能性がごくまれにあります。

アクリル酸ナトリウム

高吸収性があり、吸水力があり、水を加えていくと徐々に膨潤して粘性のある液体になります。さらに、界面活性剤のような分散と凝集の作用を示すため、油分を乳化分散させる効果もあります。

安全性:〇皮膚常在菌の分解を受けると常在菌の過剰繁殖を促進してしまう可能性があります。

イソヘキサデカン

ベタつきのない滑らかな感触をもち、他のオイル成分を溶かし込む能力が高いといわれています。

安全性:〇肌にぴりぴりとした刺激を感じたという報告があるため、皮膚刺激性が少しあるといえます。

バチルアルコール

アルコール(エタノール)の一種に間違われることがありますが、アルコールではなく、低刺激のエモリエント成分です。

保湿性のある油性基剤や乳化安定剤としても使用されます。

安全性:〇皮膚刺激性は確認されていませんが、眼刺激性のデータがないため、慎重に使う必要があります。

水素添加大豆リゾリン脂質

マメ科植物の大豆または卵黄から抽出されたリン脂質から成る界面活性剤です。

安全性:〇皮膚刺激性の面で、刺激が起こる可能性があります。

無水エタノール

抗菌、殺菌の効果がある、無色透明の成分です。

安全性:〇アルコールに対してアレルギーを持つ方には不向きでしょう。

流動バラフィン

一般的にミネラルオイルと呼ばれ、多くの化粧品に使用されているオイルです。酸化することなく、乳化しやすい性質を活かして保護剤、親油性増粘剤としての役割を果たします。

フェノキシエタノール

防腐剤の一つです。

安全性:〇良く化粧水に配合されているパラベンという成分と同じ働きがあり、肌への刺激が懸念される一方、最も安全な防腐剤としての声もあります。

米肌の成分に関する疑問Q&A!

Q&A

Q:米肌と調べたら、危険というキーワードが出てくるのですが、米肌には危険な成分が配合されているのでしょうか?

A:米肌には危険な成分は配合されていません。コーセーでは、厳しい品質管理がされており、アレルギーテストや副作用チェックなど抜け目ない安全性チェックをしているので成分に関してはは安心できるでしょう。

おそらく米肌に危険な成分が配合されて言われる理由はこの2つの成分が配合されているからですね。

危険だと言われてしまう成分
イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油
メチルパラベン

イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油は油分と水分を結合させるための界面活性剤として使われていて、毒性は全くありません。

メチルパラベンは防腐剤ですね。微生物を殺菌することによって化粧品の使用期限を長引かせる効果があります。

どちらも化粧品にとっては欠かせない成分で、毒性はありません。

Q:肌潤改善エッセンスの成分欄にしかライスパワーNo11と書いていないのですが、化粧水やクリームには入っていないのでしょうか?

コメエキス=ライスパワーNo11になります。石鹸、化粧水、クリームにも配合されています。

Q:米肌の成分を見ても良くわからないのですが、敏感肌の女性でも安心して使えるの?

A:コーセーでは、アレルギーテストや副作用チェックも行われているので安心して使えるように作られていますが、不安な場合はパッチテストをして自分のお肌に合うか確認してみると良いでしょう。

米肌成分まとめ

まとめ

米肌の成分について説明していきましたが、いかがでしたか?

保湿効果の高さは2年間米肌を使い続けている私も実感していて、長時間うるおい肌をキープしてくれますよ。

米肌にはお試しセットがあるので、1度2週間米肌のトライアルセットで試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です