米肌の成分解析と厚生労働省から認可されたライスパワーのすごさ!

米肌 成分

米肌の2年間愛用中の麻衣です。

化粧水を選ぶときに成分を気にしますか?例えば、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲン、エラスチンなどなど色々知られている成分を見ると安心感があったりしますよね。

そんな中で米肌にはライスパワー№11という超貴重な成分が配合されているんです。

あまり耳にしたことがない成分かもしれませんが、この成分は厚生労働省からも認可されたすごい成分なんです。

米肌の目玉成分ライスパワー№11

ライスパワーNo.11はお米から抽出した成分です。

ライスパワーNo.11はお米から作られた貴重成分

昔からお米は美容効果があると言われていて、コーセーさんはお米の成分でスキンケアを作れるのではないかと考え米肌が誕生したそうです。

確かにお米は日本人の主食で、たんぱく質、ビタミン、カルシウム、ミネラルなど栄養素が豊富に入っていますね。

ライスパワー№11は、お米を90日間の発行、熟成してようやくできるとのこと。

ライスパワー№11は水分保持能の改善効果がある

簡単に言うと、ライスパワー№11は水分(うるおい)を保持してくれるセラミドを生み出す力を持っています。

角層に水分を保持する力を水分保持能というのですが、ライスパワー№11は水分保持能を改善できると厚生労働省に認められた唯一の有効成分なのです。

他のスキンケア商品はセミラドは配合されていますが、セミラドを生み出す力は持っていないということですね(^^♪

肌のうるおいを保持するセラミドは年を重ねることでどんどん減ってしまうのですが、ライスパワーNo.11で水分保持能を改善できるので、いつでも若々しいお肌を保ってくれます。

米肌の最安値は?通常価格の77%OFFでお試し可能!

米肌にはライスパワーの他にもこんな注目成分が!

米肌 成分

米肌はただライスパワーNo11という成分だけに頼っているわけではなく、他にも、色々な成分が配合されていますよ。

米肌の注目成分

大豆発酵エキス
→アミノ酸のネット構造で肌表メインを保護します

ビフィズス菌発酵エキス
→化粧水などから与えられた水分を蓄えるNMF(天然保湿因子)の働きをサポート

グリコシルトレハロース
→保水性に優れた成分

乳酸Na
→肌の細胞内のNMF(天然保湿因子)の成分

グリセリン
→乾燥から肌を守る

米肌の良い口コミと悪評も!どんな効果があるの?

米肌ラインの全成分紹介

米肌

肌潤石鹸

カリ含有石ケン素地、水、ラウリン酸、グリセリン、オリーブ油、グリコシルトレハロース、コメエキス、ダイズ発酵エキス、トコフェロール、ビフィズス菌発酵エキス、ポリクオタニウム-51、BG、エタノール、クエン酸、スクロース、加水分解水添デンプン、結晶セルロース、乳酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

肌潤化粧水

水、BG、エタノール、グリセリン、地切りセリン、グリコシルトレハロース、コメエキス、ダイズ発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキス、EDTA-2Na、イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、オクチルドデカノール、キサンタンガム、クエン酸、チオ硫酸Na、リン酸2Na、加水分解水添デンプン、乳酸Na、メチルパラベン

肌潤改善エッセンス(薬用保湿美容液)

ライスパワーNo11、精製水、1.3-ブチレングリコール、濃グリセリン、エタノール、セトステアリルアルコール、dl-a-トコフェロール、オレンジ油、グリコシルトレハロース、水添デンプン分解物混合溶液、ビフィズス菌エキス、納豆エキス、アクリル酸ナトリウム、アクリロイルジメチルタウリンさんナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80、エデト酸二ナトリウム、クエン酸、チオ硫酸ナトリウム、バチルアルコール、ベヘニルアルコール、ポリオキシエチレンコレステリルエーテル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、メチルポリシロキサン、リン酸-水素ナトリウム、水素添加大豆リゾリン脂質、乳酸ナトリウム液、無水エタノール、流動バラフィン、フェノキシエタノール、メチルバラベン

肌潤クリーム

水、BG、メドウフォーム油、グリセリン、スクワラン、トリエチルヘキサノイン、セテアリルアルコール、グリコシルトレハロース、コメエキス、ダイズ発酵エキス、トコフェロール、ビフィズス菌発酵エキス。EDTA-2Na、エタノール、キサンタンガム、クエン酸、ジメチコン、ステアロイルメチルタウリン Na、チオ硫酸Na、ベヘニルアルコール、リン酸 2Na、加水分解水添デンプン、水添レシチン、乳酸 Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

米肌の成分に関する疑問Q&A!

Q&A

Q:米肌と調べたら、危険というキーワードが出てくるのですが、米肌には危険な成分が配合されているのでしょうか?

A:米肌には危険な成分は配合されていません。コーセーでは、厳しい品質管理がされており、アレルギーテストや副作用チェックなど抜け目ない安全性チェックをしているので成分に関してはは安心できるでしょう。

おそらく米肌に危険な成分が配合されて言われる理由はこの2つの成分が配合されているからですね。

危険だと言われてしまう成分

イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油
メチルパラベン

イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油は油分と水分を結合させるための界面活性剤として使われていて、毒性は全くありません。

メチルパラベンは防腐剤ですね。微生物を殺菌することによって化粧品の使用期限を長引かせる効果があります。

どちらも化粧品にとっては欠かせない成分で、毒性はありません。

Q:肌潤改善エッセンスの成分欄にしかライスパワーNo11と書いていないのですが、化粧水やクリームには入っていないのでしょうか?

コメエキス=ライスパワーNo11になります。石鹸、化粧水、クリームにも配合されています。

Q:成分を見ても良くわからないのですが、敏感肌の女性でも安心して使えるの?

A:コーセーでは、アレルギーテストや副作用チェックも行われているので安心して使えるように作られていますが、不安な場合はパッチテストをして自分のお肌に合うか確認してみると良いでしょう。

まとめ

まとめ

米肌の成分について説明していきましたがいかがでしたか?

正直米肌に配合されている成分の半分以上はどんな効果が成分なのか理解していませんが、とりあえず米肌は保湿効果がある成分が非常に多く含まれています。

その保湿効果の高さは2年間米肌を使い続けている私も実感していて、長時間うるおい肌をキープしてくれますよ。

米肌にはお試しセットがあるので、1度安価で2週間試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です